ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

Wi-Fi通信対応体組成計
ログインTANITA

からだサポート質問箱


  • 栄養士いどばた会議中!バックナンバーこちらから
ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

からだサポート質問箱:自分を知って無理なくダイエット!

 

ご質問

自分は太っていると思うけど・・・どのくらい減量したらよいかわからない。


■回答

男性、女性に関係なく、いつでもきれいで、かっこよくありたいですよね。
ですが、無理なダイエットで体調を崩してしまう方もいます。
まずは減量の必要があるのかをご自分で確認し、適切な目標を立てましょう!


●今の自分を知りましょう!
ステップ1  : BMIを計算してみよう!
    ※BMI(Body Mass Index)法:世界で広く使われている肥満判定方法
    BMP値
ステップ2  : 標準体重を計算してみよう!
    ※標準体重の±10%が標準範囲になります
    標準体重計算
   
身長160cm  70kgの方  
    BMI 計算  70kg÷1.6m÷1.6m=27.3  → BMI 判定:肥満
    標準体重  1.6m×1.6m×22=56.3kg → 標準範囲  50.7kg—61.9kg
●数字だけではなく、中身が大事
標準体重計算同じ体重でも、体脂肪量が多いのか、筋肉量が多いのかでは、見た目も、健康を害するリスクも異なります。
私たちのからだは、大きく分けて「体脂肪」と「除脂肪(血液・平滑筋(内臓)・骨格筋・骨)」に分けられます。
医学的には「"肥満"とは、単に体重過多を示すのではなく、身体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態」と定義づけられています。
健康的なダイエットとは、単に体重を減少させることだけではなく、体脂肪を減らしながら筋肉組織を増やすことで、身体全体の脂肪率を下げることです。
●ダイエットのペースは1ヵ月に1—2kg !
短期間集中型ダイエットは、理想の体型を手にいれるどころか、健康を害してしまいます。
必要な栄養摂取量をキープしながら適度に体を動かすことが基本です。

 

健康的なダイエットは、食事(摂取)と運動(消費)の調節が基本です。
細かいカロリー計算の得意でない方は、「食べ過ぎたら、動く」、こんな大まかな調節方法でも体重は管理できます。定期的な体重測定がダイエットの一歩ともいえます。

※治療中の方は医師の指示に従ってください

標準体重は理想ですが、ご自身の過ごしやすいベスト体重と相談しながら目標を立てられるとよいですね。


© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.