ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

Wi-Fi通信対応体組成計
ログインTANITA

からだサポート質問箱


  • 栄養士いどばた会議中!バックナンバーこちらから
ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

からだサポート質問箱:宴会・パーティーシーズン到来!この時期はどう乗り切ればよいですか?


ご質問

12月から1月にかけては、忘年会やクリスマスなど宴会の誘いが多く、ダイエット中なのに体重増加が心配・・・
食べた分消費しようと思っても、イベント続きだと運動も休みになりがちでなかなか上手くいきません。
この時期はどう乗り切ればよいですか?


■回答

忙しくてまとまった運動ができない時は、前回お伝えしたように、摂取を控えることが大切ですが、日常生活のちょっとした心がけでいつもより消費エネルギーをアップさせて、できるだけ消費を増やすよう工夫しましょう。日常生活の場面別にコツを挙げてありますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。ちりも積もれば山となる・・・の発想でいきましょう!

    

◇仕事中

○コピーとり中にかかとの上げ下げをする。

○社内での用事はできるだけ、直に会ってコミュニケーションを。

○お昼休みはできるだけ遠くの店に食事、買い物に。行きは速歩き、食後の帰りはゆっくり歩く。

○長時間デスクにいるときも、時々肩やつま先の上げ下げ、膝の曲げ伸ばし、腰を軽く回すなどの運動をする。リフレッシュも兼ねられて一石二鳥!

◇家の中で

○テレビ、ビデオ、エアコン類のリモコンは使わない。

○床掃除はモップを使わず雑巾がけで。

○普段は目の届かない高い所(エアコン、タンスの上、照明器具)の掃除も念入りに。

○大掃除もしっかりと。

◇外出・移動のとき

○エレベーター、エスカレーターより階段を使う。

○電車や飛行機の中でも、座りっぱなしではなく立つ。(ラッシュ時以外、可能な範囲で)

○乗り換え時はできるだけ、遠回りを意識する。

○駐車場ではできるだけ入り口から遠い場所に駐車して歩く。(夜間など安全ではないときは避ける)


◇さりげなくトレーニング

○駐車場ではできるだけ入り口から遠い場所に駐車して歩く。(夜間など安全ではないときは避ける)

○電車で座ったときは、お腹に力を入れて足の裏全体を少し浮かせる。きつくなったら休みながら、少しずつ時間を伸ばす。

○普段は目の届かない高い所(エアコン、タンスの上、照明器具)の掃除も念入りに。

○日常生活で中腰の動きをする時は、きちんとひざを曲げ伸ばしして行なう。ももと膝の引き締めに!

 


© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.