ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

Webとつながる体組成計
ログインTANITA

健康・ダイエットBOOK

ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

健康・ダイエットBOOK:春が来る!桜の香りでリラックス。香りとダイエットについて


春の花々を見ながらキレイになろう!「お花見散歩」の薦め

今年は、桜の開花が早いですよね!
桜が咲くと「いよいよ本格的な春になったんだな」と改めて春の到来を実感します。

今回はこの美しい桜や、桜が終わってからも楽しめる春の様々な美しい花を見ながら身も心も美しく、健康にシェイプアップしてしまおう!という「春のお花を見ながらお散歩しませんか?」という提案です。

さくら

桜は染井吉野だけじゃない!遅咲きの桜も長く楽しもう!

去年(こぞ)の春 逢へりし君に 恋ひにてし 桜の花は 迎へけらしも 
                                   若宮年魚麿(万葉集)

桜を詠んだ和歌の中でも特に好きな歌のひとつです。今年も電車の窓からふっと桜の花咲く景色が視界を過ぎる季節になりました。次々と出迎えてくれる桜の景色は通勤や仕事でざわついた心をふと落ち着け和ませてくれます(遅刻しそうで髪の毛逆立ってたりするのですが(笑))。桜は本当にどこから見てもどの時期に見ても綺麗ですよね。遠目からは淡いピンクの雲のようにほんわり癒し系、近くでは清楚でありながら華やかに生き生きと咲き誇り、満開の桜はそれはもう息を呑む美しさ・・・!でも咲き始めの初々しいかわいらしさや散りゆく時の花吹雪が儚く舞い散る様子も素敵。自分もかくありたい、と思わずにはいられません(現実には・・・、まぁ、元が元ですし(^^;)。あ、生命力だけは桜に負けない自信ありますが)。お花見で定番の、染井吉野の花は1週間程で儚くも潔く散ってしまうのですが、でもその後も晩春から初夏にかけて見ごろをむかえる桜もたくさんあります。前回のダイエットBOOKのコラムに「さくらごよみ」として記載させていただきましたが、主に大輪・八重咲きの華やかな桜はちょうど染井吉野が散る頃から徐々に咲き始めますから、ポピュラーな桜のお花見が終わったら次はそうした遅咲きの桜を見つけて楽しみましょう!染井吉野に比べると数多く植えられていない分、今度は「見つける楽しみ」があります。ネットなどで八重桜のある公園など調べるのもお勧めです。

関東地方なら・・・新宿御苑には、様々な種類の桜(なんと75種類!)があって、華やかな八重咲きや菊咲きの遅咲きの桜もたくさんありますから5月ごろまでいつ行っても楽しめます。桜の時期はすいている午前中がオススメですよ!
新宿御苑( http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
[所在地] 東京都新宿区内藤町11番地(※入園料が200円かかります。)
HPに記載されている地図にはちゃんと桜の種類と植えられている場所が明記されていますから、その地図をプリントアウトして持って行けば、その風流な名前と実際の花の対比を楽しみながら見て回れます。



桜だけじゃない!華やかで個性豊かな春の花々を見に出かけよう!

「春の花」は何も桜だけではありません!この季節は道端の雑草もかわいい花を咲かせ、普段は気にもとめなかった公園の木々にも華やかで個性豊かな色とりどりの花が咲き誇り道行く人々を楽しませてくれます。【図1】をご覧ください。春先から初夏にかけて咲く主な花について見ごろの時期をまとめました。こうした花々の名所を調べて出かけるのも良いですね!自分で調べて出かければ、見つける楽しさや歩く意気込み(?)も違ってくると思いますよ(笑)。

個人的にお勧めなのは、「桃の花」の名所、「長野県千曲川沿岸の桃畑」。ここの桃の花は満開の時期が東京よりも少し遅くて4月下旬からゴールデンウィーク頃になるのですが、川の堤防から桃畑を見下ろすと一面ピンク色の雲の上にいるような、夢のような光景を見ることができます!詳しくは長野県須坂市の観光案内にてご確認を。
(須坂市のHP:http://www.suzaka-kankokyokai.jp/momo.php)

もっと気軽に行けそうな場所でお勧めなのは、横浜スタジアムのすぐ隣にある「横浜公園」の「チューリップ」。4月の終わりごろまで楽しめます。毎年60品種以上ものチューリップが植えられ、珍しい品種もあってとっても華やかなんです!関内駅から3分ほどで行けます。スタジアムを目指していけばいいので道に迷うことも無し!プロ野球観戦のついでにチューリップを見て歩き、中華街も回って来たらいかがでしょうか。デートにもお勧めです(^^)。

図1

花を見ながら歩くことの効果

華やかでかわいらしい花いっぱいの春。ただ運動をするために歩くだけなら「歩かなきゃ」と決意しなくちゃいけませんが、今、この時期しか見られないキレイなお花を見に行こう!と思えば目的を持って楽しくお出かけできますよね。それに、みずみずしくキレイに咲く花を見ることでメンタル的にも非常に良い効果があるんです。「フラワーセラピー」という言葉をご存知ですか?綺麗な花を見てリラックスできたり落ち込んだ気分が癒されたり、色鮮やかな花を見て元気が出てやる気が出たりしたこと、皆さんもありますよね?医学的な「効能」とはちょっと違いますが、心身ともに少し弱っている時には優しく癒してくれて、気合入れて頑張らなきゃ!と言う時には、生き生きとした活力を分けてくれる・・・見る人の状況に応じてそっとチカラを与えてくれるような、そんな優しいサポート力が花にはあるのです。花から活力や癒しのパワーをもらいながら歩けば、普通に歩くより気分も良いし疲れにくくて、メンタル的にもバランス良く代謝を高められそうですよね!代謝が高まって脂肪が減るだけじゃなくてお肌にも良さそう(^^)!
そうそう、それから「歩く」ことの効果はたとえゆっくり歩きのお散歩でもとっても大きいんですよ!前々回、ショッピングのコラムでも紹介いたしましたがここでもしつこく!書かせていただきます!ゆっくりのんびり歩いても、家でゴロゴロしている状況の約3倍!!!もエネルギーを使います。前々回のコラムでは10円チョコのカロリーで比較いたしましたが、今回はポテトチップスで比較(図2)!綺麗な花を見ながら楽しくお散歩すれば、標準的な30代女性の代謝で考えると1時間でポテトチップス(同じかたちに成型されているタイプ)20枚程度!ちょっとしたおやつ程度のエネルギーは消費できますよね。図2

歩数計を持って花を探しに出かけましょう!

いかがでしたか?ちょっとお天気の良い日には外にお花を見に行こうかなー、という気になっていただけましたか?今生き生きと咲いている花々はこの季節、今の時期にしかその美しい姿を見ることは出来ません。時期を逃してしまうとまた1年待たなければその姿を見ることはできないのです(だからこそ、美しいのかもしれません・・・)。次々と移り変わる旬の花々を楽しむことで移り行く季節を感じてください。そして自分も余分な脂肪を燃やしてより美しく、パワーアップしちゃいましょう!「お花を見に行こう」と言えばお友達も誘いやすいですしね!そうそう、出かけるときには、どれくらい歩いたのか頑張りが数字でちゃんと記録される「歩数計」をお供に連れて行ってくださいね。のんびりと楽しい時間を過ごしてあまり歩いた意識が無い時でも意外とたくさん歩いていたりするので、歩数は要チェックですぞ。

さて・・・今年はどの地方も桜の開花がびっくりするほど早い傾向なようですが、開花になってから寒い日が続いたり気温にメリハリがあるので花も色鮮やかで長持ちする傾向だそうです。お花見も長く楽しめそうでちょっと嬉しいですよね(^^)。桜色・・・って淡く上品でかわいらしい色ですが色彩心理学では「美」と「愛」を表す色なんだそうです。ちょっと脱線しますが、占いの「風水」では桜の花は「愛情運UPに効果あり」、なんだとか。私はあまり科学的な根拠の無いものは信じない性質(というか信じないようにしている)のですが、桜の花と「愛情運」ってなんだか妙に納得してしまう自分がいます(笑)。
・・・あ、でも、梶井基次郎の「桜の樹の下には」のような美しさ故のおどろおどろしい?表現も実は大好き・・・で、これまた「なるほどねぇ」と納得・・・(^^;)。だって、桜のあの美しさ、ってやっぱり尋常じゃないです。何か宿っていますって。きっと。


© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.