ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

Wi-Fi通信対応体組成計
ログイン

からだサポート質問箱


  • 栄養士いどばた会議中!バックナンバーこちらから
ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

からだサポート質問箱:宴会・パーティーシーズン到来!この時期はどう乗り切ればよいですか?


ご質問

12月から1月にかけては、忘年会やクリスマスなど宴会の誘いが多く、ダイエット中なのに体重増加が心配・・・
食べた分消費しようと思っても、イベント続きだと運動も休みになりがちでなかなか上手くいきません。
この時期はどう乗り切ればよいですか?


■回答

忘年会やクリスマスなどイベント続きですと、摂取(食べる・飲む)と消費(運動や日常生活の活動)のバランスで、摂取の方が多くなりがちですから、太りやすくなります。
今回は、イベント時の食事のポイントをお伝えいたしますね。
宴会やパーティなどのコース料理は1食1000〜2000kcalとなり、1日の半分または1日分のエネルギーに達します。
上手に選ぶポイントは、手をつける前にどれを食べて、どれを残すか考えること!
会話を楽しみにながら、ゆっくりよく噛んで、低エネルギーのものから食べ始めましょう。

    

◆コース料理の上手な食べ方◆

◇和食

・会席料理などコース料理の場合
コース料理ともなると、1番カロリーの低いものでも1000kcal 近くはあります。上手な食べ方のコツは、野菜料理は全部食べ、焼き物、揚物などは控えると良いでしょう。

・鍋物・すきやき・しゃぶしゃぶの場合
素材にもよりますが、1人分はおよそ700〜800kcalあり、さらに主食を食べると1000kcal近くに。目安として野菜を中心に食べ、肉、魚は半量くらいにしておきます。メイン以外の付出し、刺身、焼き物や最後に作る雑炊、うどんなども全部食べるとエネルギーオーバーになるので注意しましょう。


◇洋食

フランス料理などのコース料理の場合、前菜からデザートまで食べると、あっというまに2000kcalを超えてしまいます。しかし、コース料理の選び方や食べ方によってはエネルギーを抑えることが出来ます。

前菜:野菜中心に選びましょう。
スープ:ポタージュスープなど見えない油(バター・生クリーム)に注意しましょう。コンソメスープがお勧めです。
メイン:肉・魚は半量を目安にし、ソースは残しましょう。
パン:バターは控えましょう。
デザート:○果物 ×ケーキ アイスクリームをシャーベットにすると、カロリーを抑えられます。

 


◇中華

中華料理は油をたくさん使用するので、主食抜きでも700〜900kcalあります。酢の物やスープは比較的低カロリーです。
また、取り皿は頻繁に取り替えてもらい、余分な油は摂らないようにしましょう。






次回は、冬太り対策の運動編をお伝えいたします。

 


© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.