ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

Webとつながる体組成計
ログインTANITA

からだクローズアップ

ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

からだクローズアップ


サッカーの国際試合の解説やニュースで、日本人の選手が小柄だという話をよく耳にすることありませんか?
また実際に国際試合をみていると日本人選手の方が全体的に背が低いと感じてしまうことがありませんか?
しょうがないのかなあと思いつつ、タニタ社員としては諦めきれません。
そこで日本人選手のよさを見つけ出すため『身長』について、さらに身長と体重から求められる体格指標である『BMI』について検証を行いました。



<グループ中における日本人選手の体格とは?>
グループリーグとはグループ内すべての国と対戦し、勝ち点が多い上位2カ国が、決勝トーナメントに出場できます。
まずはここを突破しなければいけないわけです!
日本はグループEに振り分けられていて、オランダ・デンマーク・カメルーンと同じグループです。
日本人選手と上記の国の選手平均身長をゴールキーパー(GK)とGK以外で比べたところ (グラフ1−1参照)、GK以外はやはり平均身長が最も低いことがわかりました…残念です。
しかし!グラフ1−2をご覧下さい。「体格」を表すBMIの平均値については、日本人選手は同グループ中第2位という結果になりました。
つまり、日本人選手の平均身長は高いとはいえませんが、同グループ国と比較して「しっかりしたからだつき」であるということがいえます。
私はこの結果が出たとき、今まで試合を観戦しているときに日本人選手は背が低い感じがすると思ったことはあっても、からだが細いと感じていないことに気がつきました!みなさんはいかがですか?






<競合国はやっぱり体格も最強?>
過去のワールドカップにおいて優勝もしくは上位に入賞している国の選手たちはやはり体格もすごいのでしょうか?
さっそく検証してみたところ、平均身長に関しては、前回の開催国であるドイツが最も高く、日本が最も低い結果となりました(グラフ2−1参照)。
残念…でも、もしかしてBMIならいい結果になるかもしれない?
と思い検証したところ、先ほどの同グループでの結果と同様に、日本人選手の平均BMIは競合国に負けていませんでした!(グラフ2−2参照)GK以外では検証した国の中で第2位です。
これはきっと、日本人選手たちの日ごろのトレーニングや食事に対する努力の賜物なのではないでしょうか!?






<アジアの国と比較すると?>
身長を決定するのは遺伝的な要素が大きいため、上記で検証した他国を上回ることができないとしても、同じアジアからの参加国との比較ではどうでしょうか?
韓国・北朝鮮と比較してみました。
グラフ3−1・3−2をご覧ください。平均身長は韓国よりも低く、北朝鮮よりも高いという結果になりました。
平均BMIについては、GK以外はほとんど変わらないという結果でした。
同じアジアからの参加国である韓国と北朝鮮にもぜひ活躍してもらって、背が高くなくても勝てることを証明したいですね!






<サッカー選手の体脂肪率はどのくらい?>
ところで、サッカー選手の体脂肪率はどのくらいなのでしょうか?いくつか過去の文献では、プロサッカー選手の体脂肪率は7〜12%であるといった報告がされています。また、GKとGK以外を比較するとGKは背も高く腕を使うため体組成に違いがみられますが、GK以外でポジション間の体組成の違いはみられないといった報告もありました。 運動量がどのくらいかというと、選手は1試合で10km走行しているそうです。10kmも走りながら正確な判断やすばやい動き、ジャンプやシュートをするわけです…すごいですよね。日本人のサッカー選手のエネルギー消費量は1日あたり約3500kcalと報告されています。20代一般男性の推定エネルギー必要量は約2650kcalですから、サッカー選手は一般の人よりも1日あたり約1000kcalも多くエネルギーを消費していると予測できます。外国人選手にも負けないBMIを維持するためにはトレーニングだけでなく、食事もしっかり食べなければいけないわけですね。

今回は各国選手の平均身長と平均BMIで検証した結果をご報告しましたが、もちろん個人差があり、私も検証しながらびっくりするほど背の高い選手や、BMIの大きな選手がいました。
今回のからだクローズアップを通して、プレーの技術だけでなくタニタ的視点で『体格』にも注目して観戦していただければ幸いです。がんばれ!SAMURAI BLUE!*^^*

=今回のコラム担当 わっち=

<参考文献>
・Sutton L, et al:Body composition of English Premier League soccer players: influence of playing position, international status, and ethnicity. J Sports Sci. 2009 Aug;27(10):1019-26.
・Wittich A, et al:Professional football (soccer) players have a markedly greater skeletal mineral content, density and size than age- and BMI-matched controls. Calcif Tissue Int. 1998 Aug;63(2):112-7.
・Ebine N, et al:Measurement of total energy expenditure by the doubly labelled water method in professional soccer players. J Sports Sci. 2002 May;20(5):391-7.





© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.