ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

Wi-Fi通信対応体組成計が超特価!
ログインTANITA

タニタの健康コラム

笑顔美人は元気な口元から

2018/03/27(火) 掲載

最近口元のたるみが気になる?

口元のたるみが気になる!年のせいかも??


そんなあなたは、最近、食事中こんなことはよくありませんか?
「ポロっと食べ物が口元からこぼれそうになることが増えてきた。」「ペーパーナフキン等で口元をこまめに拭くようになった。」


思い当たるあなたは、口元の筋肉(口輪筋)の衰えがはじまっているかもしれません。


誰もがいつまでも安全に、おいしく、楽しく、食事を摂りたいものです。そのためには、口腔機能を若々しく保つことが大切です。口腔機能には「かみ砕く(そしゃく)・飲み込む(えん下)」「唾液を分泌する」「発音する」「表情をあらわす」など様々な役割があります。

今回は、かむ時に働く口の周りやほおの筋肉のトレーニング法をご紹介します。しっかりかめるお口づくりの第一歩となります。

かむ時に働く口の周りやほおの筋肉は、笑顔になる時も働く筋肉です。しっかりかむことは顔の表情筋のトレーニングにもなります。(※1)

ほうれい線が気になる方、口元のたるみが気になる方も必見です。
トレーニングをすることで、口角がキュッと上がりハツラツとした表情になります。さらに、血流もよくなって明るく素敵な笑顔になります。


口輪筋の大切さを感じてみよう

口輪筋とは

【Try1】

唾液を口にためて、唇を閉じないで、飲み込んでみてください。


【Try2】

唾液を口にためて、唇を閉じて、飲み込んでみてください。


唇を閉じないと飲み込むことができません。
唇をしっかり閉じる筋肉を口輪筋(こうりんきん)と言います。口輪筋は唇の周りを囲うように筋肉があります。


口輪筋やほおの筋肉が衰えていませんか

空気がもれていませんか?【Check1】

ほおに空気(息)をためて、ブクブクうがいをするように空気(息)を左右に動かします。左右に動かした後、前歯のほうにも空気(息)を動かしてみましょう。
⇒ 空気(息)が唇から漏れていませんか?
       空気(息)がプッと漏れたら口輪筋が衰えている可能性があります。
⇒ 空気(息)が左右にスムーズに動いてブクブクうがいができましたか?
       スムーズにできなかった場合は、ほおの筋肉や口の周りの筋肉が衰えている可能性があります。



「パ」とできるだけ早く10秒連続して発音しましょう

【Check2】

「パ」とできるだけ早く10秒連続して発音し、何回発音できたかを測定します。10秒間測定した結果を1秒間あたりに換算します。
⇒ 6.0回/秒未満だと口唇運動が衰えている可能性があります。(※2)



ほお骨から2cm位下を人差し指中指薬指で左右触ります

【Check3】

ほお骨から2cm位下を人差し指中指薬指で左右触ります。
触った状態で10回かみます。かむと左右の筋肉(咬筋)が動くことが分かります。
動きに左右差がないかを確認します。
⇒ かむ時に左右差がある場合、片側でかみぐせがある等、かむ時のバランスが悪い可能性があります。


口輪筋やほおの筋肉を鍛えよう

ウイウイエクササイズ

【Training1】
ウイウイエクササイズ

  • (1)唇をすぼめて前に突き出して「ウー」と発音する
  • (2)唇を横に引いて「イー」と発音する
  • (3)「ウーイーウーイーウー」「イーウーイーウーイー」を1セットとし3回行う


すっぱエクササイズ

【Training2】
すっぱエクササイズ

  • (1)梅干し等すっぱいものを食べた時のように顔に力を入れる(5秒間)
  • (2)顔の力を抜きリラックスする
  • (3)「パー」と発音しながら、口を大きく開く(5秒間)
  • (4)顔の力を抜きリラックスする
  • (5)(1)〜(4)を1セットとし、3回行う

ブクブクエクササイズ

【Training3】
ブクブクエクササイズ

  • (1)ほおに空気(息)をためて、ブクブクうがいをするように空気(息)を左右に動かす(10秒間)
  • (2)前歯のほうにも空気(息)を前後に動かす(5秒間)
  • (3)(1)〜(2)を1セットとし、3回行う
    空気(息)を動かすスピードを速くしたりゆっくりしたりして負荷を変える 速く動かす(巧緻性の向上)ゆっくり動かす(筋力の向上)

口元から若返りましょう。

いかがでしたか。年を重ねると足腰の筋肉が衰えていきます。それと同じように口の周りの筋肉も弱っていきます。口元が気になりだしたら黄色信号です。年のせいとあきらめずに口の周りの筋肉をトレーニングして、口元から若返っていきましょう。いつまでも素敵な笑顔美人で居続けましょう。



【参考資料】


こちらもオススメ

© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.