ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

Wi-Fi通信対応体組成計
ログインTANITA

からだサポート質問箱


  • 栄養士いどばた会議中!バックナンバーこちらから
ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

からだサポート質問箱:花粉症の季節におすすめの食事!今年はこれで乗り切りましょう。


ご質問

花粉症でとても辛いのですが、食事で少しでも楽になりませんか?


■回答

桜の開花予想が発表され、春が待ち遠しい季節ですね。
でも、花粉症の方にとってつらい季節。少しでも楽にこの季節をお過ごしいただく為に
食事のポイントをお伝えしましょう。

おすすめは・・魚、ビタミンエース(ACE)、ヨーグルト

控えたいのは・・肉の脂肪



●魚
魚に多いn-3系脂肪酸が豊富な食事をとることで、アレルギー性の炎症に関連が深いといわれるTNFαという物質の発生が低下するといわれています。 n-3系脂肪酸とは・・α-リノレン酸・EPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)などさばやいわし、あじ、さわらなどの青背の魚に多く含まれています。 脂肪を多く含む食事は花粉症にはよくないといわれますが、魚を中心にすれば安心です。

●ビタミンACE(エース)

抗酸化ビタミンとして有名なビタミンA・C・E まさにエース級のビタミンです。
アレルギーによって炎症がおこると活性酸素が大量発生し、症状悪化の原因になるともいわれていますから、ビタミンA・C・Eで活性酸素を撃退!しましょう。

ビタミンAの多い食品・・緑黄色野菜 レバー うなぎ 卵黄など
ビタミンCの多い食品・・いちご キウイフルーツ ブロッコリー 菜の花など
ビタミンEの多い食品・・植物油 うなぎ アボカド かぼちゃ ナッツ類など



●ヨーグルト
即効性はないのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きにより、腸内環境が整い
免疫機能改善が期待できます。食べ過ぎるとカロリーオーバーにつながりますから、毎日少しずつ食べると良いですね。

●肉
肉そのものではなく、肉の脂肪に多い、n-6系脂肪酸が免疫グロブリン(IgE)を産生しやすくなるのが原因。
特に脂肪の多い肉類を控え、脂肪の少ない部位を選びましょう。 また、一般的に高カロリーの食事が花粉症を悪化されるとも言われており、揚げ物などを控えるのもおすすめです。


© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.