ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

?^?j?^????N?_?C?G?b?g?????T?C?g

ログインTANITA

健康・ダイエットBOOK


 なんだか疲れやすい、肌荒れが気になる・・それは隠れ貧血かも?!

ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

 

腸内環境を整えて健康美ボディを手に入れよう イメージ

貧血は女性に多い病気といわれてますが、隠れ貧血が最近増えてきています。 ダイエット中の方や、食事による栄養補給が不十分なのに最近ブームの ランニングなどで運動しすぎの方など…隠れ貧血になる理由は様々ですが、
貧血症状が現れてからでは手遅れ。
隠れ貧血の裏に、重大な疾患や問題が隠れている可能性も否定できません。 今回は、現代人に増えている貧血の原因とその対処法をご紹介いたします。


■体内の血液のはたらき

血液は全身に酸素と栄養を運ぶ重要な働きをしています。
貧血状態にあると、酸素や栄養が全身に運ばれなくなるので機能が低下します。

貧血とは、赤血球の不足を示しますが、赤血球のサイズとヘモグロビンの濃度から診断します。
健康診断ですと、「ヘモグロビン:Hb」という項目に着目し、男性で13mg以下、女性で12mg以下が貧血と診断されます。

ところが最近では、ヘモグロビンの値は正常でも隠れ貧血の方が多くなっています。
貧血症状は、単なる疲労、風邪と勘違いされることも多く、低血圧と症状が似ていることから見過ごされがちです。
体調がおかしいと感じたら早めに病院へ行きましょう。

貧血の基準

一般的な貧血の診断
(Hbの値)
貧血なし
軽度貧血
貧血
14g/dl 以上
12g/dl 以上
12〜10g/dl
10g/dl 以下
フェリチンを中心とした分類
正常
潜在性鉄欠乏症
鉄欠乏性貧血
80ng/ml以上
80〜30ng/ml
30ng/ml

※フェリチンは、通常の健康診断では検査項目にありませんが、
 アンチエイジング外来や、ウェルエイジング外来で、保険適用外で7,000円位でチェックできます。
 貧血の疑いのある方は内科、婦人科などで保険適用で調べる事もできます。


■あなたは大丈夫? 隠れ貧血度をチェックしてみよう!

以下項目で、簡易的に隠れ貧血チェックをしてみましょう。

隠れ貧血チェック

4つ以上にチェックがついた場合、隠れ貧血の可能性があります。

貧血対策には、睡眠と食事が重要。自分自身で予防や改善の取り組みをすることもできます。
以下に示す具体的な対処方法を確認し、実行できる部分を実行してみましょう。

また、健診結果で貧血と診断された方、フェリチン値など調べた結果、
隠れ貧血と診断された方は医師に相談し、適切な治療を行ってください。


■貧血になる3つの原因と対処方法

女性の3割が貧血、6割が隠れ貧血、65歳以上になると男女合わせて4割が貧血と言われています。
この貧血の原因は、大きく3つあります。

  • ●吸収が低下している場合
      胃切除、無胃酸症、ダイエット、変食
  • ●需用が増大している場合
      妊娠、授乳、成長期
  • ●過剰に喪失される場合
     月経、婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症)
     慢性消化管出血(大腸がん、胃がん、肝臓がん、十二指腸潰瘍、痔核)
     他疾患(甲状腺機能低下症、腎不全、全身性エリテマトーデス、白血病、リウマチ)  ハードな運動

これらのほとんどの場合、鉄分が不足したり、吸収が阻害されている状態です。
それでは、どのように対処すれば良いでしょうか?

ずばり、食事と睡眠が有効です。

食事では、赤血球を構成するたんぱく質と鉄分をしっかりと補給すること。 また、鉄は大変吸収されにくい
栄養素ですので、吸収を助け、造血機能を高める他栄養素を合わせて摂ることが大切です。

これだけ摂っていればOKという食材はありません。
栄養素は私たちのからだの中でチームで働いていますので、偏りなくしっかり食べることが重要です。

また、食べ物で摂った鉄分は、眠っている間に消化吸収され、小腸粘膜、脾臓、肝臓、骨髄に蓄えられます。

最近の研究では睡眠と鉄分には、相互に関係があると言われており、うつ病などの精神疾患とも影響が
あると言われています。

貧血を予防する栄養学

タンパク質 肉(牛もも肉、豚もも肉)、かつお、まぐろ、うなぎ、卵、納豆、木綿豆腐、乳製品
あさり、レバー、ひじき、なまり、小松菜、がんもどき、ほうれん草、納豆、しじ
ビタミンB12 レバー、ほっき貝、あさり、しじみ、かき、さんま、いわし、たらこ
ビタミンB6 レバー、まぐろ、かつお、ささみ、鮭、バナナ、さんま、さば、いわし
ビタミンC 野菜、果物、じゃが芋
葉酸 レバー、菜の花、からし菜、春菊、モロヘイヤ、いちご、アボガド、ヤングコーン
亜鉛 かき、レバー、牛肉、ラム肉、たらばがに、うなぎ、納豆、たらこ、ごま
かき、ごま、大豆、空豆、小豆、いんげん、煮干し、卵、そば


■より効果的な栄養の摂り方

貧血の大きな理由に、体内に鉄が不足する事により十分に赤血球を生産できなくなる、
鉄欠乏性貧血がありますが、鉄には「ヘム鉄」「非ヘム鉄」の2種類があります。

吸収率に差があるので、貧血対策にはヘム鉄を積極的に摂るように心がけましょう。
「ヘム鉄」は、動物性の食品に多く含まれています。 レバー(特に豚)、あさり、かつお、ぶり、まぐろ(特に血合い部分)牛肉などに豊富です。 吸収率が10-30%前後と比較的高めなのが特徴です。

一方「非ヘム鉄」は、植物性食品に含まれており、大豆製品、ひじき、小松菜、ほうれん草などに含まれています。
吸収率は5%以下と大変低いので注意が必要です。 また吸収率を高めるために、
ビタミンCを合わせて摂るように心がけてください。 二ラレバ炒めのようなメニューや、
アスリートが果物を捕食にすることは、理にかなっているというわけです。

ココア鉄は吸収されにくい栄養素ですが、中でも、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶に含まれるタンニンは吸収を阻害すると言われています。 実際、からだにいいからとペットボトルの緑茶や、ウーロン茶を飲む方もいらっしゃいますが、デメリットもありますので飲みすぎは要注意です。

飲み物にはそれぞれ特徴があります。 レモン水はビタミンCを補給することができますし、ココアは鉄や亜鉛を含んでおり、アサイージュースは鉄分、ビタミンCを多く含んでいます。
目的に応じて、飲み物が選択できるようになると良いですね。

健康診断の結果は、ひっかからなければ良いというわけではなく、よりよい健康状態を保つ上でのヒントが隠れています。 隠れ貧血かもと思ったら、
まずはバランス良い食事で栄養素を補給しましょう!


(C)2016 TANITA Corporation. All Rights Reserved.