ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

Wi-Fi通信対応体組成計
ログインTANITA

からだサポート質問箱


  • 栄養士いどばた会議中!バックナンバーこちらから

女性のダイエットチャンスっていつ?

ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

ご質問

女性には痩せやすい時期と痩せにくい時期があると思うのですが、
いつ頃がダイエットに適していますか?


■回答

イメージ

女性の体調は女性ホルモンに大きく左右されていることは、
皆さんすでにご存じですね。
女性には、ホルモンのバランスにより、エクササイズやダイエットに
適した時期とそうでない時期があります。
ダイエットは、やはりこのホルモンのリズムを
念頭に入れた方法がオススメです。

●月経周期と女性ホルモンのリズム

女性のからだは、ホルモンバランスの変化によって、
卵胞期、排卵期(図では排卵前後期)、黄体期、そして月経という4段階の周期があります。

この女性ホルモンは、
卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類。
月経の周期は人によって20〜40日と個人差がありますが、
基礎体温をつけると自分の女性ホルモンの周期やリズムがつかめるようになります。
月経周期が28日間の場合の身体のリズム

●ダイエットチャンス期
イメージ

女性のダイエットチャンスは、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が
増加する月経の後半から、排卵日までの期間です。

この期間は、肌や髪も潤って気持ちも上向きになり、
体力、気力ともに充実して活動的になれるので、まさにダイエットに最適な時期!
女性特有のこのリズムを上手に利用すると、効果的なダイエットができます。

■より効果的に痩せるポイントは?

 1.普段より運動量を増やしましょう。
  特に排卵日直前は、筋肉量を増やすために最適なホルモンバランス!
  筋トレを取り入れましょう。

 2.食事は3食をバランス良くしっかりと食べ、間食はいつもより減らしましょう。
  毎食「主食」「主菜」「副菜」をそろえてバランス良く食べましょう。
  また、運動による脂肪燃焼効果を無駄にしないためにも、間食のコントロールは必要不可欠!
  スリムな自分をイメージして、できるだけガマンしましょう。

●リラックスおすすめ期
イメージ

排卵日以降、月経が始まるまでの期間は、
プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。
その影響で精神的にイライラしたり、からだがむくんだり、また便秘や肌荒れなども
起こりやすく、心身ともに不安定な状態になる傾向があります。

ストレスを感じやすい時期なので、無理にダイエットせずにからだを休めましょう。

■ストレス回避に効果的なポイント!

 1.運動はからだに負担のない範囲で継続しましょう。
  心身ともに疲れやすいので過激な運動はセーブしておきましょう。
  ウォーキングなどの軽め運動は、リフレッシュ効果が期待できますので、
  無理のない範囲で行なうと良いでしょう。

 2.ストレス対策はバランスの良い食事と適量の甘いもの。
  ストレスからからだを守る栄養素、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムを意識して撮りましょう。
  嗜好も変化し味の濃いもの、油ものが恋しくなりますが、食べ過ぎないように注意しましょう。
  間食は、適切なストレスケアで少しなら甘いものを増やしても良いでしょう。
  ただし食べすぎはNG!量を決めて甘みのない飲み物と一緒にゆっくり楽しみましょう。

この時期は気をつけていても、どうしても体重が増加しがちですが、
あせらず次のダイエットチャンス期を待つことにしておきましょう。


女性のからだはデリケート。
自分のからだのリズムを知ると、無理のないダイエットができます。
からだのリズムを知るには、 月経日を登録することで、ダイエットチャンス期を教えてくれる
女性ダイエットモードを搭載した機器を利用するのもオススメ。
ダイエットチャンス期を逃さずに効果的なダイエットを行ないましょう!

☆女性ダイエットモード搭載のおすすめ体組成計&活動量計☆
インナースキャンBC-750
体組成計インナースキャンBC-309

活動量計 カロリズムLADY AM-131

© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.