ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

ログインTANITA

健康・ダイエットBOOK

ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

健康・ダイエットBOOK:天高く人肥えそうになる秋の味覚


秋といえばサンマです

さあさあ食欲の秋がやってまいりましたよ!
店頭にも秋を感じさせる食材が並び始めましたね〜。
皆さんは何を食べて“秋”を感じますか?
いろいろあって悩んでしまいますが、強いて言うなら、
私は秋刀魚ですね。(食べ物以外で季節を感じろという突っ込みは無しの方向で)。
あの脂の乗ったサンマの塩焼きに醤油をちょっとつけて大根おろしと一緒に・・・たまりませんねぇ。

イメージ図

サンマの脂は体に良いんです:DHAとEPA

何といってもあの脂が美味しいんですけど、“脂”と聞いて抵抗感のある人もいるかもしれません。でも大丈夫です。サンマの脂って、体に良い不飽和脂肪酸が豊富なんです。サンマなどの青魚に含まれている不飽和脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)があります。DHAは頭が良くなると注目されましたし、DHAもEPAもサプリメントとして利用されていますからご存知の人も多いのではないでしょうか。
DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸(n-3系脂肪酸)には、血液中の中性脂肪量の低下、不整脈の発生防止、血管の機能改善、血栓の生成防止などさまざまな効能があり、生活習慣病の予防に効果があります。またこれらのn-3系脂肪酸は、脂肪の燃焼を活性化する作用が他の脂肪酸よりも強いとされており、ダイエットの強い味方かもしれません!?

DHAもEPAも魚に多く含まれている脂質なので、従来の日本食中心の食生活であればとくに摂取量を意識する必要は無いのですが、最近は魚を食べる機会って減っていませんか?肉類中心の欧米食では不足してしまう可能性もありますので、積極的に摂取したいですね。


ビタミンも摂取できます

サンマにはビタミンA,D,E,B6,B12などのビタミン類も豊富に含まれているんです。中でもビタミンB群は脂質や糖質の代謝に関わっているので、ダイエットには欠かせない要素です(もちろん他のビタミンも健康には重要ですよ)。ビタミン類は、できるだけサプリメントに頼らず、少しずつでもまめに多くの食品からの摂取を心がけたいものです。

食べるなら丸ごとがオススメ

『サンマが出るとアンマが引っ込む』ということわざがあるくらい、非常に栄養価の高い魚です。せっかく美味しいサンマを食べるなら、栄養も丸ごと頂いてしまいたいですね。
脂質を多くとるためには刺身が良いのですが、脂が多いものだとちょっとくどくなってしまい、逆に多く食べられない人もいるかも。焼くと脂は少なくなりますが、それでも十分な量は残っているようですのでちょうどよいかもしれません。さらにビタミン類は“はらわた”に多く含まれているそうなので、できれば塩焼きなどで丸ごと食べてしまうのがオススメのようです。ちょっと苦手で残していた人も、是非チャレンジしてみてください!
ちなみに、はらわたも新鮮であるほど美味しいそうで、鮮度が落ちるほど苦くなるとか。体に良い不飽和脂肪酸は酸化されて劣化しやすいので、栄養の面からもやっぱり新鮮なものを選びましょう。
また付け合わせによくある大根おろしには、消化を助ける酵素が含まれています。一緒にたっぷりと頂いてしまいましょう。

 

やっぱり旬のものって美味しいだけじゃなく、体にも良いんですね(そして安い!)。
桃、葡萄、梨、柿、栗、さつま芋、鮭、あと新米も美味しいですね、大変です、大忙しです、いろいろ食べなきゃいけません。 ついつい満喫しすぎて肥えてしまわないように、『スポーツの秋』も忘れないようにしま〜す(^^;)

=今回のコラム担当 TAKASY=