ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

Webとつながる体組成計
ログインTANITA

健康・ダイエットBOOK

ブックマークに追加
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 この記事をクリップ! Google Bookmarks に追加 newsingに追加

健康・ダイエットBOOK:のんびりシアワセ寝正月?・・・寝ている間に身体におきること


のんびりシアワセ寝正月?・・・寝ている間に身体におきること

あけましておめでとうございます!
ダイエットブック新年第一弾のテーマはズバリ「寝正月」!

風が冷たい外にはなるべく出ないで、窓から入る冬のポカポカ日差しを感じながら、のんびーりゆったーりお正月番組のTVを観たり、気になっていた映画のDVDを観たり、読書をしたり・・・お気に入りのハーブティなんて飲みながら、気が付けばウトウト・・・。

うーん。このゆったりゆるゆる感がシアワセ!・・・なのですが、そうやってゴロ寝している間にあなたの身体の中では様々な変化が!!
いったいどんなことがおきてしまうのか、寝正月好きな自分に渇を入れるべく、まとめてみました。


ゴロ寝2日で・・・1年分も衰える?宇宙空間にいるのと同じ?

この時期ならでは、の楽しみのひとつでもある(?)ノンビリ寝正月、私も大好きなのでダメ!なんてとても言えませんが(笑)、何事も幸せなことはほどほどに・・・という例に漏れず、この幸せに浸りすぎてしまうとちょっとコワイ変化がおきてしまうのです。

まずは筋肉。横になって寝ている状態って、とってもラクですよね。身体の筋肉をほとんど使っていないからです。これは筋肉にかかる負荷としては無重力の宇宙空間にいるのと近い状態になります(宇宙空間の無重力状態におかれた人体の水分移動や身体組成変化を探るために、実際に被験者を何日間も寝たままの状態にした実験や研究も行われています)。ほとんど使われること無くゴロンと投げ出されたままの筋肉は当然衰えて行きます。 ちょっと寝ていたくらいで「衰える」なんて大げさな、と思われるかもしれませんが、いえいえ、コレが大げさではないのです!人間(成人以降)の筋肉は、ごく普通の日常生活だけで過ごした場合、平均的に1年間で1%ずつ衰えるという調査結果があるのですが、寝たきりを続けると、なんとたった2日でそれと同じ1%の筋肉が衰えてしまうのだそうです。 また、宇宙空間にいる宇宙飛行士の筋肉は1日で1%衰えるそうなので、筋肉に関しては

「寝たきり2日間」=「1年分の衰え」=「宇宙空間1日分の衰え」

ということになります。「寝たきり」と「ゴロ寝」はちょっと違いますが、これに近い状態であることは確かです。骨にもほとんど重さの負荷がかからないので、数日間では微量ですが骨量も確実に減っているはずです・・・。たった2日で1年分も衰えてしまうなんて、こ、こわいですよね(@_@)))。



食べた後、すぐに横になると・・・更に恐ろしいことに!!

おまけに寝正月って・・・お汁粉や和菓子なんかを食べて、「あーおいしかった」とすぐにゆったりゴロンと横になっちゃったりしませんか?このことがまた、更に恐ろしいことに・・・(>_<。)。。。

よくダイエットしたい人は夜寝る前には食べない方が良いと言いますよね。これは夜中睡眠中に多く出てくると言われている成長ホルモンやGIPなどの脂肪の吸収・合成を高める作用を指して言われていることが多いのですが、それなら昼間ならいいのか・・・というと、そうではないのです。昼間でも眠っていなくても「横になったり」「だらーっとしている」という状況が続いている間、身体を動かす筋肉の機能はほとんど使われませんし、重力に逆らって姿勢を保っているわけでもないので、通常よりも内臓に血液が集まって、消化吸収活動は通常よりもグーンと高まり「効率良く吸収される」のです。動いていませんから、効率良く吸収された脂肪は使われないまま「効率良く蓄えられ」ます。炭水化物・糖質も消費されませんので肝臓で脂肪に転換されてやはり「脂肪として更に蓄えられ」ます。「食べた後、だらーっとしている」というこの状況は「最も効率良くたくさん脂肪をため込むスタイル」なのです。野生動物などはいつ満足に食べられるかわからないので、過酷な状況の中で生き延びるために食べた後はできるだけじっと横になって少しでも効率良く脂肪を蓄えるようにしているものですが・・・。

シアワセ寝正月満喫中のナマケ者(動物のナマケモノではないですよ!)の私たち(@ダイエット中)にとっては「効率良く脂肪が蓄積」なんて恐ろしいことでしかありませんよね。ああ・・・コワイです(><。)。。。

 

うう。シアワセって・・・幸せって恐ろしい・・・(T_T)。。。
でも、やっぱり魅力的な寝正月。なんて罪作りなのでしょう。・・・ま、まあ、仕方ありません!一年に1回くらいはこんな過ごし方をしても。
だって日本の伝統行事ですもの!いや、「寝」正月は伝統でもなんでも無いんですが・・・、でも「おせち料理」だって元々お正月くらいは女性を家事から開放して休ませましょう、という意味もあって年末のうちに保存の利くものをお重につめておくのだといいますし!
休んで良い時期、と解釈して楽しんだって良いと思います!・・・ただし!この幸せはほどほどに。そして、幸せ気分を味わった後は、歩数計付けて神社巡り(→私、実は大好き)へGO!です!
さっさか歩いて神社の階段ガンガン上って、「お正月は怠けちゃったけど、これから頑張りますので元の身体を取り戻せますように・・・!パンパンッ☆」と願い事をしてケーキを食べる分くらいのお賽銭を入れましょう!怠けた分の筋肉を鍛え、脂肪を燃焼させるべくまた頑張ればいいのです。
寝正月の誘惑に負けてしまった皆さん、あきらめてはなりません!あきらめたら終わりです(><。)。あきらめず、前向きに、一緒に頑張りましょう〜!!
からだカルテのお正月キャンペーン(〜2009年1月31日まで)も、あなたの強力な味方です!

 


© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.