ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

マイベスト応援プログラム
ログインTANITA
ホーム 糖尿病について 尿糖について 尿糖計について

尿糖について〜血糖値と尿糖値の理解がセルフコントロールの第一歩

血糖値は、文字通り血液中に含まれる糖の値ですが、食事や運動などにより刻々と変化します。血糖測定は、採血時の瞬間の血糖値を測定することになります。

尿糖測定は血糖コントロールの効果を確認する有効な手段

これに対して、尿糖値は、尿中に排泄された糖を測定するので、排尿から次の排尿までの間の血液の状態を反映することになります。この間にインスリンの作用不足や食事などによって腎閾値を超えるような高血糖状態があった場合は、尿中に糖が排泄されるので、この値を測ることで食後の高血糖状態があったことを間接的に知ることができます。

●からだカルテでは、次の使い方をおすすめします。
・起床後に測定
・食事開始直前に一度排尿し食後、初回の尿を測定
・就寝前に測定


尿糖値と血糖値の関係
 
尿糖値と血糖値の関係

食後の血糖は変化が早く、1回の測定での判定には無理があり、通常は2回以上の測定が必要になります。しかし、血糖測定は穿刺採血が必要なため頻回測定するには、身体への負担も少なくありません。尿糖測定なら、血糖値の変化を比較的簡単に、間接的に見ることができます。尿糖の出具合と血糖値との間には密接な関係があるため、食後の高血糖状態を確認する手段として大変有効です。
 
※リレーキータイプご利用のお客様のみ。
ご購入はこちら
 
© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.