第7弾 富士山編

※歩数データの集計対象期間:過去10日分まで
※転送された歩数データはAM6:00頃反映されます

  • 三保の松原
    三保の松原
    駿河湾/清水次郎長
    あと、27,932

    0

    1
    2

    三保の松原で有名なのは羽衣のお話。
    伯梁という若者が富士の景色を眺めながら浜で歩いていると、松の木の一本にひらひらと靡く美しい羽織物を見つけました。

    周りに人影も見えぬので、これはいいものを見つけたと、若者はその 羽織物を持ち帰ろうとしました。すると、松の木の蔭から美しい天女が現われてこう言いました。

    「富士の見事な姿に心奪われ、人間の世界に降り立ちましたが、水浴びに興じているうちに人間界にいることをすっかり忘れておりました。それがなければ天へ帰ることができません。どうぞ返してください。」

    伯梁は、これはとても美しい織物なので家宝にしたい。返すのは忍びない、といいました。

    天女は、羽衣を返してくれなければ天へ昇ることができず、帰ることもできないと言って泣き出してしまいました。

    さすがに不憫に思った伯梁は、
    「この羽衣はお返ししましょう。ですが、天の国で舞われているという舞を拝見したい。
    そうすればこの羽衣はお返しします。」


    それを聞いた天女は顔を輝かせこう言いました。
    「喜んで披露いたしましょう。しかしその羽衣がなければ舞うこともできませんので、
    まずはその羽衣をお渡しください。」


    伯梁は
    「いいえ、それはなりません。なぜなら、あなたは舞をまう前に天へ帰ってしまうかもしれない。」

    すると天女は
    「なぜそのようなことをおっしゃるのですか。
    虚言や悪行は人間世界のこと。天の国にはそのようなことは存在しません。」

    といっておどろいた顔をしました。

    伯梁は、にわかに恥ずかしくなり
    「大変失礼なことを申し上げました。羽衣はこのとおりお返しします。
    どうぞお許しください。」

    といって天女に羽衣を返しました。

    彼女がまとった羽衣は春の日の光を浴びて一層美しく輝いていました。
    また、ひらひらと空に舞い上がるかの如く、優雅に舞われる天の舞に白梁が心奪われているうちに、天女は富士の麓へと消えていきました。

2022/05/16現在

ランキング

- 位

参加者数 82,475

ラリー中の平均歩数

- 歩

目標歩数 8,500

達成率

-%

ゴールまであと
-

-/ 255,000

属性別ランキング
  • -

    -

  • -

    -

  • -

    -

  • -

    -

  • 第1区間

    39.7km

    56,692歩

     

    三保の松原

    1三保の松原

    0.0km

    0

    駿河湾/清水次郎長

    2駿河湾/清水次郎長

    19.6km

    27,932

    富士市

    3富士市

    20.1km

    28,760

  • 第2区間

    68.4km

    97,693歩

     

    富士山

    1富士山

    22.6km

    32,296

    山中湖

    2山中湖

    22.8km

    32,540

    箱根

    3箱根

    23.0km

    32,857

  • 第3区間

    70.4km

    100,615歩

     

    小田原城

    1小田原城

    24.3km

    34,731

    湘南

    2湘南

    23.1km

    33,027

    横浜

    3横浜

    23.0km

    32,857

    Tokyo Tower

    4Tokyo Tower

    0.0km

    0

属性別ランキング
  • -

    -

  • -

    -

  • -

    -

  • -

    -