ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

タニタ社員食堂レシピ
ログインTANITA

タニタの健康コラム

ダイエット中、おやつを食べて良い量はどのくらい?

2012/04/11(水) 掲載

ご質問

ダイエットをしていますが、おやつがやめられません。どのくらいまでなら食べても良いでしょうか?適量が知りたいです。

 

我慢は禁物です。食べるタイミングと量を調整して、おやつと上手につきあっていきましょう。

前回に引き続き、今回もダイエット中のおやつについてです。今回は“オススメおやつ”と“適正量”についてお伝えしていきます。

ポイント・太りにくいからだ作り“オススメおやつ”と“適正量”

昼間にオススメおやつはコレ!
昼間に食べたおやつは、その日のうちに動いて消費する機会があるので、多少エネルギーがあっても大丈夫! 我慢しないで、食べたいものを食べましょう。ただし!!“適正量”もお忘れなく☆

夜間にオススメおやつはコレ!
夜間のおやつは、ほぼ確実に体脂肪として蓄えられてしまいます。脂肪量やエネルギー量が低いものを選び、お土産に頂いたドーナツを夜に食べる・・・なんて事のないように意識する事が大切です。


“適正量”をチェック!!
1日の適正量は150〜200kcalで、目安は、1日に必要なエネルギー量の10%となります。多く食べた日は、次の日で調節、または、1週間で 1400kcalと決めて、食べる時は我慢しないで食べ、他の日で調節するなど、メリハリをつけてみるのも良いですね。無意識のうちにダラダラと食べてし まったということのないように、買い物する際は、小袋の物を選んだり、常にエネルギー表示を意識する習慣をつけましょう。
ところてんや、ゼリー、杏仁豆腐など、できるだけ低カロリーのものがオススメです。


お菓子の適正量


  
1日のエネルギー量目安

 

こちらもオススメ

© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.