ダイエットは記録することから!グラフで体重を簡単自動管理

タニタの健康ダイエット応援サイト

Webとつながる体組成計
ログインTANITA

タニタの健康コラム

だるい、疲れが抜けない…そんな時は食事で疲労回復!

お忙しいビジネスマンの皆さんは、疲れを溜めこまず、元気に毎日を過ごして、パフォーマンスを高めたいものですよね。
元気良く毎日過ごすに は、カロリー源をエネルギーに変えることが必要です。エネルギーになりそこなったカロリー源は残念ながら脂肪として貯えられます。肥満は老化の始まり!疲 労回復に効果的な栄養素を摂って、燃え易い身体、太りにくいからだ、若々しい体を手に入れましょう。

カロリーだけを気にするのではダメ!悪循環を好循環に

×悪循環
カロリー重視の食事  ➡代謝の悪い体 ➡疲れてゴロゴロ➡ 肥満 ➡老化

◎好循環
食材選びを上手にする➡代謝の良い身体➡活動的な毎日➡標準体重➡若々しい体

疲労と老化のメカニズム

疲 労も老化も悪玉である活性酸素によって引き起こされます。メカニズムは同じですが、活性酸素が細胞を酸化させ、一時的に傷つけてしまうのが疲労、細胞の傷 を修復せずに残したままにするのが老化です。活性酸素を放置すると、機能低下を引き起こし、エネルギーが十分に作られない状態になります。つまり若々しく いるためには疲労回復がカギということになります。

疲労度チェック

5つ以上チェックがつく方は注意!

  1. イライラする
  2. 不安だ
  3. 落ち着かない
  4. ゆううつだ
  5. よく眠れない
  6. 体の調子が悪い
  7. 物事に集中できない
  8. することに間違いが多い
  9. 仕事中、強い眠気に襲われる
  10. やる気がでない
  11. ヘトヘトだ(運動後を除く)
  12. 朝、起きた時、ぐったりした疲れを感じる
  13. 以前とくらべて、疲れやすい


人間の細胞内で栄養素がエネルギーに変わる仕組み

栄養素 働き 多く含まれる食品

ビタミンB1

炭水化物の代謝に必要

うなぎ・かつお

αリポ酸

炭水化物の代謝を促進、抗酸化作用

ジヤガイモ・トマト

ビタミンB2・パントテン酸

脂質の代謝に必要

レバー・子持ちがれい

Lカルニチン

脂質の分解を促進

ラム肉・かつお

クエン酸

TCA回路を活性化

レモン・グレープフルーツ

コエンザイムQ10

栄養素をエネルギーに変える最後の切り札

いわし、牛乳

イミダゾールジペプチド

抗酸化作用・疲労軽減効果

かつお・まぐろ・鶏胸肉

栄 養素はチームプレイで働きますので、炭水化物、脂質をとった際には上記の抗疲労物質を合わせて取り、疲労、脂肪を貯め込まない若々しい体をお作りくださ い。サプリメントを摂る際には、空腹時に摂るのではなく、代謝を高める目的で、食事のタイミングでとることをオススメします。

疲労を防ぐオススメ食材

肉類、卵
良質なたんぱく質、カルニチンやビタミンB群も多く含まれます。
仔羊、鹿肉、牛肉にカルニチンは豊富、豚肉にビタミンB1b2が豊富、鶏胸肉はイミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10が豊富です。卵はアミノ酸バランスの良い抗疲労食です。

魚介、海藻類
良質なたんぱく質、ビタミンB群を多く含みます。いわし、あじ、たこ、はコエンザイムq10うなぎ、のりはビタミンB1を多く含みます。かつお、まぐろはコエンザイムQ10、イミダゾールジペプチド、パントテン酸を多く含みます。

野菜、きのこ
野菜類はコエンザイムQ10、αリポ酸、ビタミンCが豊富。
カ リフラワー、ほうれん草にコエンザイムQ10、トマトはαリポ酸、にんじんブロッコリーなど緑黄色野菜は、ビタミンA・C・Eが豊富。さやえんどうは、ビ タミンB、しいたけはビタミンB1B6、パントテン酸を豊富に含みます。にんにく、ねぎはビタミンB群、パントテン酸を含みます。

穀類、豆類、種実類
小 麦胚芽、玄米にはビタミンBが豊富、精製された白いご飯、パンよりも、胚芽パンや、玄米がオススメ。最近では雑穀米などもファミレスや、外食で選択できる ことが増えています。ピーナツ、ごま、にはコエンザイムQ10、パントテン酸、ビタミンBが豊富、大豆、豆乳、納豆、豆腐、みそには、ビタミンB1、ビタ ミンB6、コエンザイムQ10豊富に含まれています。アボガドは、カルニチン、コエンザイムQ10、ビタミンB6、パントテン酸、ビタミンCが豊富。

乳製品
良質なたんぱく質。コエンザイムQ10、パントテン酸、カルニチンなどが豊富。牛乳、チーズ、ヨーグルトなど積極的に取っていただきたい食品です。

果実類
疲労回復、抗酸化成分はビタミンCとクエン酸。レモン、ネーブル、グレープフルーツなどのかんきつ類に豊富。バナナには、カルニチン、コエンザイムQ10、クエン酸、イチゴには、コエンザイムQ10、クエン酸が含まれています。

食事から疲労回復をするには、エネルギーとなる炭水化物や脂質だけでなく、ビタミンB1など様々な栄養素が必要です!
疲れやすいと感じているかたは、特に注意して食生活を振り返ってみましょう。

こちらもオススメ

© TANITA HEALTH LINK, INC. All Rights Reserved.